スポンサーリンク

【マーケティングに必須】5C分析とは何かについて例を用いて解説

ビジネス教養
スポンサーリンク

会社を経営したりフリーランスになったり。
商売の道は色々とありますが、その中でもマーケティング力は必須のスキルとなっています。

突然ですがあなたは5C分析という言葉を知っていますか?
もし知らないようであれば、差をつけるため重要となりますのでぜひ覚えましょう。

・5C分析について知りたい
・5C分析の重要性を知りたい
・5C分析と3C分析との違いは何か
この記事ではこのような悩みを持つあなたに必見。
5C分析とは何かについて、例を用いて解説していきます。

5C分析については「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」の著者である森岡毅さんのフレームワークとしても使われていて、そちらの考え方や本を参考にして執筆していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

森岡毅さんについて

・神戸大学経営学部卒業
・USJの業績をV字回復させた実績あり
・株式会社刀を経営
・稀代のマーケターと言われている
・テレビや雑誌などのメディアにも出演多数
USJは業績が落ちていた期間がありましたが、それをV字回復させた実績を持つ優秀なマーケターが森岡毅さんなります。
ポイントの欄を見て頂ければ分かるかと思いますが、間違いなく日本を代表するマーケターと言っても過言ではない実力の持ち主です。

こんな凄い実績の人が出版した本である、「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」
あなたは内容に興味が湧きませんか?
今回はそんな凄い人が書いた本を一部参考にして、5C分析について伝えていきます。

森岡毅さんについてもっと知りたい方はコチラからご覧ください。
また株式会社刀のホームページはコチラから閲覧できます。

5C分析とは何か

・消費者(Consumer)
・競合他社(Competitor)
・自社(Company)
・中間顧客(Customer)
・地域(Community)

以上の5つの頭文字のCを使って5C分析と言います。

たとえばZ町にAスーパーがありました。
同じZ町のBスーパーとはライバル関係にあります。

そうなった場合のAスーパーについて5C分析すると

消費者→主にZ町に住んでる人、Z町の周辺地域に住んでる人
競合他社→Bスーパー
自社→Aスーパー
中間顧客→AスーパーやBスーパーに商品を届ける流通会社など
地域→Aスーパー周辺の環境や治安、大きく見ると世の中の景気など

上記のような関係性になります。

5C分析はこの後説明しますがとても大切なこと。
しっかりと理解していきましょう。

5C分析をすることの重要性

ここまでは5C分析について話してきましたが、ここからは5C分析をする意味や重要性についてお伝えしていきます。

大前提としてマーケティングは

物を売ること     ✖
売る仕組みを作ること 〇

これをしっかり理解しましょう。
ちなみに物を売ることは営業の仕事となります。

5Cの分析を行う最大の理由は市場構造を理解して、楽して勝てる場所を探すためです。

たとえば携帯電話を売りたい会社があります。
しかしそれはとても困難でしょう。
何故ならは携帯業界は長年docomo、au、ソフトバンクが販売の中心を占めています。
2020年の4月に楽天も参入はしましたが、楽天は名が知れた大企業なので十分に市場で戦えることでしょう。

ですが普通の会社ではそれが困難です。
知名度の問題もありますし、お客さんも分散しますし、何より相手が強大すぎます。
普通の高校生が横綱に相撲勝負を挑むようなものです。

このように勝てない場所で勝負しても事業は成功しません。
他社の競合がいない、または少ない分野を見極めるために5Cの分析は欠かせないのです。

5C分析で理解すべきこと

・まずは内部や外部のことなど現状の把握から始める
・ライバルが手強いと成功が困難
・勝てそうな市場を見極める

3C分析とは

5C分析について調べようとすると3C分析という言葉がちらつきます。
私も記事を書く際に実際に5C分析で検索してみたのですが、3Cという単語を少なからず2、3回は見かけました。

3C分析については

消費者(Consumer)
競合他社(Competitor)
自社(Company)

もうお気づきでしょうか?
3C分析は5C分析の中間顧客と地域を取り除いた3点になります。
3C分析は長くマーケティングで使われてきた手法です。

ちなみに近年では3C分析よりも5C分析が主流になってきています。
ですが5C分析さえ出来れば3C分析は出来たも同然です。
あくまでも名前が違うだけであって、5C分析をやることは3C分析をやることに繋がります。

手間は確かに3C分析の方が少ないかもしれませんが、ぜひ5C分析を行って運営の戦略を立てるようにしましょう。

まとめ

勝てる場所や市場といったものを探すことは、マーケティングにおいての重要です。
それを見極めずに会社などを運営すると痛い目をみることでしょう。

逆に5C分析をしっかり行えば事業に成功する確率が上がります。
分析さえしっかり出来れば、必ず成功するとは言えません。
ですが成功に近づく、これは間違いないことでしょう。

今回は5C分析の記事となりましたが、当サイトでは他にもSTP分析USPなどマーケティングに必要なことが書かれている記事を執筆していますので、よろしければご覧ください。

コメント

  1. […] 5C分析の記事でもお伝えしたことになりますが、マーケティング力は商売の道で必須と言っても良いスキルとなっています。 あなたが商売をやっていく上では避けて通れない道です。 […]

  2. […] 当サイトではSTP分析や5C分析など、マーケティングの記事も執筆しています。 そしてそのどちらでも必要不可欠なのが、USPの理解なのです。 記事に関してはSTP分析はコチラ、5C分析はコチラから閲覧できますので、よろしければご覧ください。 […]