スポンサーリンク

【要チェック】結婚に対する価値観について解説

雑記
スポンサーリンク

あなたは周りが結婚してるから自分もしないと、親が結婚に対して色々言ってくる。
そのような悩みを抱えていませんか?

私も似たような体験があります。
よく「結婚はいつするの」とか「結婚して1人前」なんてことを親に言わることはしばしば。

今回の記事は

・結婚って本当に必要?
・他の人の結婚に対する価値観を知りたい
・結婚について考えている
このような悩みを持つ方に必見の記事となっています。
結婚に関する情報を集めることが実は趣味の1つ、そんな私が結婚に対する価値観について、誠に恐縮ながら語っていきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

結婚の価値観についてチェックすべきこと

まずは結婚するべきか、しなくても良いか、そこから話していきます。

人それぞれ
「結局は人それぞれか」
という風にあなたは思ったかもしれません。

ですがよく考えてみてください。
結婚は決して義務ではありません。
人それぞれというのも、当然の考えなのです。

理由も述べますと、まず結婚とは大きな選択になります。
中途半端な気持ちでするのは良くないでしょう。
必要もないのに結婚して相手と離婚、なんてしてしまったら大変です。
そして結婚が必要か考えるのに収入相手との相性自分たちを取り巻く環境というのはチェックしていかなきゃいけない点と言えます。

収入面

まずはこの点から考えなければいけません。

調べてみると出産してから成人させるまで個人差はあるものの、1人につき最低1000万円以上は必要なことが分かります。
数字の方はマイナビウーマンのサイトに掲載されていました。
サイトの方はコチラから閲覧できます。

また環境や境遇によっては金額は当然変動します。
そのため2000万円以上必要な人もいれば、それ以上の人も当然いるということです。
その他にも結婚した2人の生活費もかかりますので、かかる費用は更に膨れ上がります。

相手との相性

これも重要な要素です。

会社などを思い浮かべてください。
自分と相性の悪い上司と働くのは毎日が億劫になると思いますが、結婚したら基本的には毎日のように相手と顔を合わせることになりますので、相手との相性は大切となります。

ケンカをすることも出てくるかと思いますが、少しのケンカならまだ良いです。
ですがケンカによって仲が険悪になるとお互いにストレスがたまり、子供の前でするようなことがあれば、子供に悪影響を及ぼすことが考えられます。

言い合いをするようなことがあっても、お互いを理解して歩み寄れる。
そのような関係性でなければ、結婚はオススメできないでしょう。

環境

これに関しては人によって大きな差があると思います。
住んでる場所、家計の豊かさ、その人を取り巻く人間関係によって色々と変わってきます。

たとえば虫が大嫌いという人が、相手から虫は多いけど田舎で暮らそうと提案されて結婚します。
相手と一緒に暮らせて幸せかもしれない。
ですが虫のことでストレスは避けられません。
それが本当の幸せでしょうか?

また相手が悪いことをしている人と知り合い。
このようなことがもしあったら、犯罪に巻き込まれて人生をぼうに振るう可能性があります。
中学時代の同級生が、実際に似たような経験があったので可能性はゼロではないのです。

相手の人間関係や生活環境などを知ることは、とても重要と言えるでしょう。

結婚のメリット3選をチェックしよう

結婚することには以下のメリットがあると考えられます。

 お互い助け合える

これは大きなメリットです。

仮に2人が同居しながら共働きで手取りが合計40万円とします。
家賃や光熱費やその他の諸々の費用がかかりますが、普通に生活していくのには充分です。

また分からないことは知恵を出し合って問題解決しやすい、片方がピンチな時にもう片方が助けてくれる理想の共存関係と言えます。

 安心出来る人と一緒にいれる

最近では好きでもないのに結婚する人が実は結構います「恋愛・結婚に対する男女の本音」参照
恋愛相手と結婚相手のアンケートにおいて、約半数の人が結婚と恋愛の相手は一緒ではないと回答しているのです。

人は恋などの生理的欲求もありますが、他にも安定を求める安心欲求もあるので、最近の不景気の流れからか安心欲求が徐々に強くなっているのだと思います。

そんな安心欲求の重要性が増している世の中だからこそ、安心感のために好きでもない人と結婚、そんな人が増えているのでしょう。

 子供を作れる

人間である以上は本能として子孫を増やすために性欲というものがあります。
ある意味これが結婚する究極の目的であり、メリットともいえます。

結婚してなくても子供を作れないことはないのですが、そこには様々な社会的な問題があり、一筋縄でいかない未来が待っています。
安心して子供を作るためには結婚することが1番なのです。

結婚のデメリット3選をチェックしよう

メリットがあると同時に以下のデメリットもあります

 相手と合わないと分かった時が辛い

実際結婚してみてやっぱり性格や考え方が合わない。
なんて感じてしまえば、離婚するまでその人との関係を断つことができません。

基本的にはその人と死ぬまで一緒なのですから、嫌いになってしまえば苦痛の一言。
そうならないためにも衝動的な結婚はしないで、相手のことをしっかり見極めてから結婚することが非常に大切になってきます。

 自由が減る

独身時代はまだ自由があります。
しかし結婚してしまえば決定、選択、性、投資、時間、金銭の自由など程度は違いますが、奪われてしまいます。

自由なことが好きな人にとってはストレスにしかならないでしょう。
自由に生きたい人も、相手がよっぽど自分を良くしてくれそうだ。
このように思えないならば、しない方が良いでしょう。

 お金がかかる

当然結婚すれば子供を作る。
という流れにもなってきますが、子供を作ると世話をする人が必要です。
周りに頼るという手もありますが、基本的には夫か妻のどちらかが世話をするのが
望ましいでしょう。

そうなれば片方が仕事を辞めなければならないケースも多々あります。
その時にしっかりとした稼ぎがないと家族が不幸になってしまうことも。

金銭面の管理がよりシビアになってしまうということです。

まとめ

ここまで結婚について色々話してきました。結婚すべきかどうかは様々な要素を検討しなければいけないということが分かったと思います。

今では日本の景気が傾き、手取りが上がらない割にはどんどん税金が高くなっています。
相手のことが大好きで安心出来る、経済的にも充実してるなどの状況であれば結婚すべき。
しかし安易に結婚することは不幸になることを考えて、行動して欲しいと思います。

これからの生き方が分からない。
もしそのような悩みがあるのでしたら、コチラを読むことをオススメします。
恋愛とは少し外れてしまう部分はありますが、きっとあなたに役立つ考え方もあるでしょう。

あなたの人生はあなたが決めるもの、他人が決めて不幸になるものではないのです。

コメント