スポンサーリンク

ポケモンは教科書である クチバシティ編 【第7話】

ポケモン学
スポンサーリンク

ハナダシティから南へ進んだ場所にある港町、それがクチバシティになります。

クチバシティ | 街 マップデータ | ポケモン Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ 攻略情報【レッツゴー】 (game-e.com) から引用

カントー地方には海に面した都市が他にもあるのですが、クチバシティはその中でも代表的な存在となっており、海の玄関口と言っても過言ではないでしょう。
船着き場には豪華客船であるサント・アンヌ号が停泊していて、第二世代ではアクア号という船がカントー地方とジョウト地方を行き来しています。

そしてクチバシティにはジムリーダーもいるため、ここでもジム戦に備えて色々と準備が必要です。
後ほど紹介しますが、赤緑のクチバジムには完璧な攻略法があるので、攻略法を使っていくような形になります。

今回の記事は

クチバシティが教科書である理由

上記の点について解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

クチバシティが教科書である理由

  • 同じ趣味の人には積極的に関わるべきということを知れる
  • その道のプロでも完璧ではないことを知れる
  • 攻略法を知ってるかどうかで差がつくことを実感できる

順番に解説していきます。

 同じ趣味の人には積極的に関わるべきということを知れる

クチバシティには「ポケモンだいすきクラブ」というものがあります。
ポケモンが好きで好きでたまらないおじさんを筆頭に、ポケモン好きが集まっているのです。
そして主人公は冒険するくらいなんで、きっとポケモンが好きなはず。
ポケモンが好き=ポケモンだいすきクラブの人と同じ趣味ということになります。

この施設はゲーム内では無視しても支障はないのですが、自転車の引換券が貰えるためゲーム内ではぜひとも立ち寄りたい場所となっております。
自転車があれば移動速度が上がるので、なんとしても手にしておきたいところです。
そして主人公が引換券を貰えたのはポケモンが好きというのが相手に伝わったから(実際は話を聞いてあげたからという部分がありますが…)
何はともあれ趣味の繋がりや共通点と言ったことから、良いことがあったということになります。

私も趣味を通じて思わぬ物を貰ったり、転職の良いきっかけになったりしたこともありました。
このようなことがあるため、同じ趣味の人には積極的に関わっておくべきなのです。

 その道のプロでも完璧ではないことを知れる

クチバシティにはサント・アンヌごうという豪華客船が停泊している、ということは冒頭でお伝えしたかと思います。
主人公も船のイベントに関わっていくことになるのですが、船長さんがなんと船酔い状態なのです。
これには幼いころプレイしたときに「船乗りが船酔いするのか」とビックリしました。

フェリーに一度だけ乗った経験しかないため船酔いについては詳しくないのですが、コチラの記事
を参考までにご覧ください。
プロも船酔いするのかの項目が参考になるかと思います。
船長と言うことは幾度となく船に乗っているということ。
そんな船長が船酔いをするのですから、その道のプロでも出来ないこと(この場面では船酔いをしないということ)があるということでしょう。

要するに何が言いたいのかというと、次の一点になります

その道のプロだからと言って完璧ではない

相手がプロだからと言って、何でも出来ると考えるのは良くないということです。

あなたは学校の先生や大学の教授などで、教えるのが下手な人を見たことはありませんか?
つまりはそういうことです。

 攻略法を知ってるかどうかで差がつくを実感できる

冒頭でクチバシティにはジムと完璧な攻略法があると言いました。
それを知ってるか知らないかで、難易度も格段に変わるのがクチバジムの特徴です。

クチバジムはでんきタイプのポケモンを使うので、相性が有利な地面タイプのポケモンを用意すれば有利に立ち回れます。
逆に地面タイプがいなければ、少々苦労してしまうでしょう。

そこで役立つのがクチバシティの東にあるディグダの穴です。
地面タイプのディグダを捕獲して育てても良し、また確率的に5%と低確率になりますが進化系のダグトリオが出現します。
ダグトリオを捕獲すればほぼ負けることはありませんし、時短にもなります。
このことを知っていればクチバジムの攻略に頭を悩ませることはありません。

現実でもメインで使用している道路が混雑しているときは、裏道を知っていれば使用して時間短縮しようとすることがあるかと思います。
このように何事も攻略法を知っていれば、いざという時に差がつきますし、柔軟な対応も可能です。

クチバシティジムリーダー マチスについて

クチバシティのジムリーダーはマチスというアメリカ人の男になります。

マチス|『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』公式サイト (pokemon.co.jp) より引用

マチスは元軍人で階級は少佐。
軍人の経験のためかどうかは分かりませんが、ジムの中は仕掛けが施されていて、簡単にマチスのもとに辿り着けないようになっています。

アニメでは20年以上前に登場経験がありますが、それ以降は登場はなし。
ただし空想での登場は2020年に達成しております。
今後登場するかは分かりませんが、空想で登場させたため再登場は難しいでしょう。

マンガであるポケットモンスターSPECIALでは悪の組織ロケット団の3幹部の一人として描かれ、非常に凶暴と言っても良い性格です。
ロケット団解散後は真っ当にと言っていいかは分かりませんが、少なくとも悪事を控えるようになりました。

まとめ

まず趣味を持って、それから同じ趣味の人と関わる。
煩わしい人間関係はあるかもしれませんが、メリットをもたらすこともありますので、同じ趣味の人とはやはり積極的に関わるべきです。

そしてプロでも完璧じゃないこと、攻略法を知ることの大切さ。
この2つは理解している人は多いようで、実は多くないのが現状でしょう。
絶対に持つべき考えだと思っていますし、私も上記の2点を頭に入れて日々を過ごしてます。

クチバシティの話は以上となりますが、次はタマムシティの話を執筆したいと思いますので、ぜひ期待してお待ちいただければ幸いです。
ポケモンは教科書であるの今までの話はコチラから閲覧が可能ですので、そちらの方もよろしくお願いします。

コメント