スポンサーリンク

ポケモンは教科書である タマムシシティ編 【第8話】

ポケモン学
スポンサーリンク

クチバシティは港でしたが、タマムシシティはカントー地方の第二の都市と呼ばれる場所です。
非常に大きいデパートや、ゲームコーナー、そしてジムがある都市。
それがタマムシシティとなります。

タマムシシティさん (@tamamushi10) / Twitter より引用

場所的にはクチバシティの北西に位置しますが、ゲーム内でタマムシシティに行くためには東にあるシオンタウンまで足を運ぶ必要があります。
そしてそこから地下通路を通ってタマムシシティに到着する流れとなるのです。

先程説明したデパートでは買い物も出来ますし、ゲームコーナーでは実際にスロットで遊ぶことも可能なため、ジム攻略以外にも魅力がある都市となっています。

今回の記事は

タマムシシティが教科書になる理由

上記の点について解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

タマムシシティが教科書である理由

  • ときには気分転換も大事ということに気づける
  • 問題点を考える力が付く
  • どんな店でも裏があるかもしれないことを知れる

ときには気分転換も大事ということに気づける

冒頭で説明しましたが、タマムシシティにはゲームコーナーがあります。
そして実際に遊ぶことも可能です。

ポケモンを育てたり、ストーリーを進めたりするのも楽しいですが、もしそういったことに飽きてしまったら息抜きとしてゲームをプレイするのも良いでしょう。
景品もあるため、目標を持って執り行うことも出来ます。

現実においても気分転換は大切です。
ひたすら休みなく同じ作業をすると、パフォーマンスの低下を感じることがあるかと思いますが、そういったものを打破するのが気分転換となります。
気分転換をした後の作業で、あなたもパフォーマンスが向上したことがあるのではないでしょうか?

気分転換、言い方を変えると休憩となりますが、積極的に取り入れましょう。

問題点を考える力が付く

タマムシシティは実は治安が悪いことが分かる都市なのです。

  • 都市の近くの道路は暴走族だらけ
  • 悪の組織ロケット団が街中にうろついている
  • 覗きをしているオヤジがいる

例をあげるとこれだけの問題点があるのです。

現実を考えてみてください。
近隣の道路は暴走族だらけ、街中に犯罪者がいる、覗きをするような不審者がいる。
このような都市に住みたいでしょうか?
私の考えとしてはいくら大都市でも犯罪に巻き込まれたくないので、間違いなく避けると思います。

また中央に水辺があることが画像を見てもらえば分かるかと思います。
第一世代では普通に水タイプのポケモンが出てくるのですが、3年後にあたる第二世代ではなんと水タイプのポケモンではなく、毒タイプのポケモンが出てくるのです。
要するに水質汚染が進んでしまって、汚いのが好きなポケモンが住み着いてしまったということになります。

このように治安や環境問題といった問題点について考える力もつきます。

どんな店でも裏があるかもしれないことを知れる

タマムシシティのゲームコーナーには実は秘密があります。
もったいぶらずに言うと、なんとロケット団のアジトが地下にあるのです。
犯罪者のアジトがある店と考えると、ヤバいということは想像できるかと思います。
実はこのゲームコーナーはロケット団が運営している店であり、そのためこのような暴挙が許されているのでしょう。

現実においてもこのようなことは普通の生活をしていれば中々珍しいことだと思うのですが、可能性としてはあるかと思います。
実際にネットなどで調べてみると真偽は分かりませんが、歓楽街などにある店がヤバい組織と繋がってるなんて書き込みを見かけました。

こういったことには詳しくないのであくまでも憶測での話となりますが、街中にあるチェーン店や有名な店などはこういったことはないはずです。
ですので大事になってくる考えとしては、危険そうな場所には行かない。
こうすることで変なトラブルは防げるかと思います。

タマムシシティジムリーダー エリカについて

タマムシシティのジムリーダーは、エリカという優雅や気品といった言葉が似合う女性です。

エリカ|『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』公式サイト (pokemon.co.jp) より引用

タマムシシティのジムリーターをやっているのと並行して、実はタマムシ大学の講師も務めているという非常に優秀なお嬢様。

マンガであるポケスペではジョウト地方のジムリーダーとの対抗戦において、カントー地方の主将を務めるなどリーダーとしての素質もあります。
対戦では相手に敗れてしまいますが、見事な戦術で相手を驚かせました。

キャッチコピーとしては「自然を愛するお嬢様」ということもあり草タイプのポケモンを使うため、原作では炎タイプや飛行タイプのポケモンがいないと苦労することでしょう。
(ちなみにエスパータイプのユンゲラーがいれば攻略は楽になります)

まとめ

現在の世の中はストレスの増加、頑張りすぎといったことが原因で体調を崩す人が多いのが現状となっています。
そんな時に「気分転換するか」と考えるだけで、人生の幸福度は変わってくることでしょう。

また問題点の分析も生活をしていく上では非常に重要な要素です。
治安が悪い都市での生活をスタートさせて不審者に襲われた、泥棒が入ったなんてことになったら大変なことは言うまでもありません。
環境が汚染している地域にも極力住みたくないものです。

タマムシシティの話は以上となりますが、次はシオンタウンの話を執筆予定です。
タマムシとは違った学びがあるかと思います。
またポケモンは教科書であるは連載作品です。
今までの話はコチラから閲覧可能ですので、よろしければご覧ください。

コメント