スポンサーリンク

【3分で分かる】STP分析とは何かについて例を使って解説

ビジネス教養
スポンサーリンク

5C分析の記事でもお伝えしたことになりますが、マーケティング力は商売の道で必須と言っても良いスキルとなっています。
あなたが商売をやっていく上では避けて通れない道です。

今回の記事は

・STP分析について知りたい
・STP分析を実際に活用したい
・STP分析を使ってマーケティングを行っていきたい

そんなあなたのお悩みを解決する記事です。

STP分析に関してはみんなのマーケティングさんという、マーケティングの情報を発信しているYouTuberの方の動画を参考にしたのと、実際に検索して上位記事を徹底的に調べました。
チャンネルにはコチラから飛べますので、ぜひご覧ください

STP分析とは

Segmentation 市場細分化
Targeting 狙う市場の決定
Positioning 自社の立ち位置の明確化

3つの英語の頭文字を取ってSTP分析となります。

STP分析を一言で言うと
「戦う方向性を決めること」
ということです。

冒頭に紹介した5C分析の記事でも、戦う方向性の選定が大事だということを伝えています。
それほどマーケティングにおいて、何で勝負するかは重要なのです。

次の項目ではジュース屋を経営するという具体例を使って説明していきます。

STP分析を具体例を使って紹介

はじめに

ジュースを説明する上で理解しておいて欲しいのですが

ジュース(英語: juice) とは、果物や野菜の汁のこと。 日本ではそれらに似せて加工した飲料をも指すが、現在の日本の食品表示基準上は100%果汁のことを指す ジュース – Wikipedia

引用を利用しての説明となりますが、果汁100%以外のものはジュースという名称で販売出来ないという法律があるそうです。

しかし世の中では果汁に限らずコーラなどの炭酸水、エナジードリンク、水、人によってはコーヒーなんかもジュースと呼んでいる始末。
要するにジュースの意味を誤用している人が多いということです。

本当はジュースは果汁100%のものを言うのですが、この記事では誤用されてるものもジュースとして扱いますのでご了承ください。

Segmentation(市場細分化)

Segmentationとは市場細分化、要するにジュースで言うならば

・フルーツジュース
・野菜ジュース
・炭酸
・水
・お茶

このように様々なジャンルに分けることを言います。

他にもラーメンだったら味噌、醤油、塩、とんこつ、最近ではつけ麺や油そばも同じ市場として扱われてるので、このように市場にどういった商品やサービスがあるかを把握することが市場細分化をするということです。

狙ってる市場にどういう商品やサービスがあるかを考える

Targeting (狙う市場の決定)

細分化が終わったら今度は狙う市場の決定をします。

・高齢者は若者より健康志向の人が多い
・炭酸系は健康のため高齢者は飲まない人が比較的多い
・若い人は炭酸系が好きな人が多い

このような傾向がジュース界隈にはあると思われます。

ちなみに根拠はあくまでもジュース関係の仕事をしてきた経験からです。
高齢者をターゲットにするなら健康志向のフルーツジュースや野菜ジュース、若者をターゲットにするなら炭酸系を販売するということが大切です。

ちなみに客層が絞りこめない時などは、万能に攻めるのも1つの手でしょう。
このように細分化が済んだら狙う市場を決定していきます。

市場を決定するためには年齢層、競合、その地域の周辺環境など様々なことを考えることが必要になるので、ここでミスをすると取り返すことは困難でしょう。

色々な観点から市場を分析して勝てそうなジャンルを見極める

Positioning (自社の立ち位置の明確化)

・野菜ジュースといえば→カゴメ
・コーラといえば→コカ・コーラ
・DyDoと言えば→コーヒー

Positioningとは簡単にいえば○○といえば○○ということです。

その業界内で○○と言えば○○と思わせることが過酷な競争に勝つためにとても大切です。
ネットショッピングの世界においても、買い物はAmazonのようなイメージはあなたにもあるのではないでしょうか?

安いと言えば○○、商品が豊富なのは○○のように何でも構いませんが

自社=○○が売りのイメージを定着させる

上記のポイントを重視することが市場に生き残る上では必須事項となります。

まとめ

STP分析は商売をやる上では必須事項と言っても過言ではありません。
つまりしっかり分析が出来れば、これからの厳しい世の中を生き抜くことも可能になるでしょう。

裏話とはなりますが、私もブログのジャンルを決定する際にはSTP分析や5C分析などを行った結果として、今のスタイルとなっております。
もちろん成功の保証などはどこにもありません。
万が一失敗したら他のことをやってみる、みたいな感じで色々と試行錯誤できるかが勝負になるかと思います。

STP分析をしっかり行って競合に差をつけていきましょう。

コメント

  1. […] 当サイトではSTP分析や5C分析など、マーケティングの記事も執筆しています。 そしてそのどちらでも必要不可欠なのが、USPの理解なのです。 記事に関してはSTP分析はコチラ、5C分析はコチラから閲覧できますので、よろしければご覧ください。 […]

  2. […] 今回は5C分析の記事となりましたが、当サイトでは他にもSTP分析やUSPなどマーケティングに必要なことが書かれている記事を執筆していますので、よろしければご覧ください。 […]